みずほフィナンシャルグループ(FG)の次期勘定系システム移行作業に困惑の声が広がっている。今年6月からほぼ毎月、みずほ銀行のATMやネットバンキングのサービスが休止され、預金の引き出しや振込ができなくなる日があるためだ。10月も6日土曜日0時~9日火曜日8時までサービスが休止になっている。だが、この3連休にはレジャーを計画している家族連れや「運動会」を予定する学校も少なくない。この期間は、天候とともに「財布の中身」を心配する必要がありそうだ。

 新システムへの移行に伴うATMサービスの休止は、10月で4回目となる。6月からスタートし、2019年度前半にかけて計9回行われる予定だ。

①6月9日(土)22時~同11日(月)8時
②7月14日(土)0時~同17日(火)8時
③9月8日(土)0時~同10日(月)8時
④10月6日(土)0時~同9日(火)8時
⑤11月10日(土)0時~同12日(月)8時
⑥12月15日(土)0時~同17日(月)8時
⑦2019年1月12日(土)0時~同15日(火)8時
⑧2019年2月9日(土)0時~同12日(火)8時
⑨2019年度上期1回
 
 みずほ銀行は、ホームページなどで「あらかじめ現金を引き出すなどの準備をお願いします」などと呼び掛けているが、クレジットカードやスマホ決済の比率が高まり、キャッシュレス化が進む今日、日頃から手元にお金を必要以上に用意している人は少ないだろう。

 ATMの休止はニュースで報道されることもあり、徐々に認知されてきているものの、テレビを見なかったり、お金を引き出すことをうっかり忘れたりする人も多い。ネット上には「ATMが使えず、手元に300円しかない」「各種支払いや引き落としはどうなるのか」など、楽しみだったはずの3連休をどうやって過ごすのか不安の声も相次いでいる。

 東京都新宿区に住む40代の男性会社員は9月のATM停止期間中、出勤前に他行やコンビニのATMで預金を引き出そうとしたが、すべてのATMが休止されていることを知らず、結局、会食費を用意できずに上司から借りた。「ローンが払えなかったとか、支払いができなかったとか、自分が理由の事故でATMが使えなくなったのかと心配した」と振り返り、「翌日に子供を連れて遊びに行ったが、財布に3千円も入ってなく、外食もできない。クレジットカードを使える店を必死になって探して何とか耐えた。もうこんな思いは二度としたくない」と苦しい経験を語る。

 4回目の休止期間となる10月は、3連休に8日の「体育の日」を含む。運動会を開催する学校も多く、終了後に久しぶりに家族や友人と外食を楽しもうとしたら、「クレジットカードが使えない」「お金が足りない」ということにならないよう注意が必要だ。

The following two tabs change content below.