台湾の定番ドリンクといえば、やっぱり「タピオカミルクティー」。ほんのり甘いミルクティーに黒糖風味のモチモチのタピオカがたっぷり入った人気ドリンクです。うだるような暑さの台湾の夏、街角のドリンクスタンドで買った冷たいタピオカミルクティーを飲みながら街歩きをしたことのある方も多いのではないでしょうか。

 台湾人はもちろん、観光客にも愛されているタピオカミルクティーは、日本でも大人気ですよね。でも、台湾では「飲む」だけではないのです! 最近はタピオカミルクティーをアレンジしたスイーツが次々登場。台湾らしさがあふれ、しかも美味しくて「インスタ映え」する魅惑のスイーツをご紹介します。


■レトロな見た目がかわいい!「タピオカミルクティープリン」

 台北のおしゃれなカフェで最近よく目にするのがお店オリジナルの手作りプリン。こだわりの卵や牛乳を使っていたり、ほろ苦い大人味のカラメルソースが自慢だったりとお店それぞれの個性がきらりと光るプリンが楽しめます。

Ctrl+F Brunch & Café

 中山國小エリアにある小さなカフェ「Ctrl+F Brunch & Café」では、見た目もかわいらしいタピオカミルクティープリンが台北女子に大人気。レトロなガラスの器にのった卵たっぷりの濃厚なプリンはアールグレイがほんのり香り、食感の楽しいモチモチのタピオカがトッピングされています。上から特製のミルクティーソースをかけて食べてみるともう幸せ!

タピオカミルクティープリン

 すぐ近くには台湾料理の老舗レストラン・欣葉本店やお昼も夜も台湾B級グルメが楽しめる雙城街夜市もあるので、食後にプリンでカフェタイムもおすすめです。懐かしいけど新しい、そんな美味しさに思わず笑顔になってしまうタピオカミルクティープリンを召し上がれ。

■「Ctrl+F Brunch & Café」
住所:台北市中山區雙城街54號
営業時間:(火~金)11:00~20:30、(土日)10:30~21:00 
定休日:月曜

珍珠奶茶布蕾(タピオカミルクティーブリュレ) ※中国語メニューではブリュレですが実際はプリン NT$110

■まだまだ続くスフレブーム!「タピオカミルクティーパンケーキ」

 台湾では、パンケーキもワッフルも「鬆餅」(ソンビン)といいます。メニューには「鬆餅」としか書かれていないのでややこしいのですが、“朝マックにある方の鬆餅”といえばパンケーキ、“格子柄の鬆餅”といえばワッフル、などと確認してからオーダーする台北っ子も。10年ほど前はワッフルブームだった台湾ですが、ここ数年は断然パンケーキ、しかもふわふわ食感のスフレタイプが人気です。

敘・XHALE

 若者でにぎわう中山エリアにある赤峰街。以前は自動車修理やパーツのお店がたち並ぶ通りでしたが、近年おしゃれなレストランや雑貨店が続々オープンしている注目エリアです。中でも洗練された外観がひときわ目を引くカフェが「敘・XHALE」。ブランチプレートやスイーツが頂けるこちらのカフェの人気メニューは、「タピオカミルクティーパンケーキ」です。ふわふわでとろけるような口当たりのスフレパンケーキにはマスカルポーネチーズが使われているそう。こちらに蜂蜜と黒糖で煮たタピオカと濃厚な甘さのオリジナルミルクティーソースをかけて頂きます。これは正に“食べるタピオカミルクティー”です!

タピオカミルクティーパンケーキ

 3枚重ねのパンケーキは生地自体も甘さ控えめでとっても美味しいので、お一人様でもペロリと完食できそうです。お店は公園に面した瀟洒なマンションの1階にありますので、緑を眺めながら癒しのティータイムが楽しめますよ。

■「敘・XHALE」
住所:台北市大同區赤峰街35-1號
営業時間:11:30~20:00(土日10:00オープン、土21:00クローズ) 
定休日:なし

珍珠奶茶鍋煎鬆餅(タピオカミルクティーパンケーキ) NT$280

■台湾スイーツといえばやっぱりこれ!「タピオカミルクティーかき氷」

 台湾スイーツといえば、こぼれんばかりのマンゴーがのったかき氷を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。夏の長い台湾では老若男女問わず、かき氷は定番のスイーツ。平日の昼下がり、かき氷屋さんに行ったら若い女性達に混ざっていかにもサラリーマン風なおじ様方がかき氷で休憩したりしているのも台湾の日常です。

Mr.雪腐(公館店)

 台湾には“雪花冰(シュエホアビン)”というかき氷があり、これは牛乳や果汁などを加えた氷を削ったもの。氷自体に味が付いていて食感も少しもっちりしているかき氷です。台湾大学のある公館エリアに位置する「Mr.雪腐」は、様々なフレーバーが楽しめる雪花冰の専門店。フルーツ系からお茶系まで種類が多くて迷ってしまいますが、タピオカミルクティーフレーバーが看板メニューです。

タピオカミルクティーかき氷

 特徴は、台茶18号(紅玉)という台湾で品種改良された風味の強い紅茶を雪花冰に使っていること。ひらひらと美しく削られた氷は上品な甘さでしっかり紅茶の美味しさが感じられます。きらきら光るモチモチのタピオカをたっぷりのせ、練乳を垂らしてほおばると、口の中に広がるフローズンタピオカミルクティー! 

 他にもスイカの雪花冰やパッションフルーツ&ヨーグルトの雪花冰などもとっても美味しいので、全メニューコンプリートしたくなってしまう1軒です。

■「Mr.雪腐(公館店)」
住所:台北市中正區羅斯福路三段244巷21號
営業時間:12:00~22:30 
定休日:なし

台18珍奶雪花冰(台茶18号タピオカミルクティーかき氷) NT$80

 タピオカミルクティーアレンジスイーツのご紹介、いかがでしたか?小籠包も牛肉麺も外せませんが、台湾に旅行される際はスイーツタイムもお忘れなく!

【よく読まれている関連記事】

・《海外スイーツ》「世界三大フルーツって知っていますか?」

《スイーツ特集》「絶対に外せないタピオカドリンクはこれだ!」

《台湾発》「タピオカドリンクの次に流行るスイーツはこれだ!」

《中国発》「『国潮』という名の大陸カルチャーの背景を探る」

「なぜ『〆のラーメン』は美味しいのか」

The following two tabs change content below.