橋下徹前大阪市長と松井一郎大阪府知事の二枚看板で牽引してきた「維新」に危機が生じている。国政政党・日本維新の会の「切り込み隊長」足立康史衆議院議員が執行部批判を繰り返し、執行部サイドも応戦。ツイッター上で繰り広げられている「公開バトル」が収まる気配を見せていないのだ。ツイッターは創業者の橋下前市長が「発信ツール」として活用してきたが、維新ファンは今回のバトルの行方にはドキドキさせられそうだ。

《激しさ増す「維新」の内部対立 再び分裂?》

 足立氏は経済産業省(旧通産省)の官僚出身で、自民党人脈や対案づくりを評価する声もある。2012年に初当選し、「嫌な人だと思ったが、静かに話してみると意外に良い人」(野党幹部)という評も。

 だが、最近はその「暴走」ぶりが目立ってきた。他党や特定の政治家らを痛烈に批判するなどして出された懲罰動議は過去6回。まずは、その言動の一部をご覧いただきたい(※太字部分は足立氏)。

【2016年2月24日の衆議院予算委員会中央公聴会】

公述人の郷原信郎弁護士に対して「特定の政治的ポジションを代弁するかのような風にとられてもおかしくない、ここにお出ましになられたこと自体についてどういう整理でいられるのか」「郷原さんは専門家ではないんです、政治家なんです、政治屋なんです

【2016年4月7日の衆議院総務委員会】

民進党はアホじゃないかと思いますね。アホです、アホ。アホはダメですか。じゃあ、嘘つきというのは良いんですか

【2017年11月15日の衆議院文部科学委員会】

希望の党の玉木雄一郎代表(当時)、立憲民主党の福山哲郎幹事長らに関して「私は犯罪者だと思っていますけど、個人的には。『李下に冠を正した』安倍総理に対して犯罪者たちが周りを取り囲んで非難している

【2018年2月5日の衆議院予算委員会】

地方議員年金の復活に関連し「ひどい政治集団。大阪の自民党というのは、やっていることは共産党以下

 日本維新の会は2018年2月、足立氏の国会議員団幹事長代理などの役職を解くと同時に、国会質問に参加させないことを決定。10月30日に解除するまでの約8カ月間、「足立封じ」を行った。

《2 「白熱する公開バトル」に続く》

The following two tabs change content below.
言論ドットコム編集部

言論ドットコム編集部

取材・編集経験の豊富な編集部員が森羅万象に切り込んでいきます。
1 2 3