この間、足立氏は何をしていたのか。ある全国紙政治部記者は「維新の支持率が低いことに危機感を抱き、精力的に全国で活動していた。インターネット番組や動画では変わらず『暴走』ぶりを発揮していた」と語る。

 安倍晋三首相や菅義偉官房長官寄りの「応援」も目立つ足立氏だが、最近は野党への批判に飽きたのか、維新執行部に「公開バトル」を仕掛けている。片山虎之助共同代表や馬場伸幸幹事長、東徹参議院議員らをツイッター上でこき下ろしているのだ。
 
 これまでの「バトル」の模様は《激しさ増す「維新」の内部対立 再び分裂?》もご参考いただきたい。

 そんな足立氏に「事件」が起きた。出演していた動画が本人の知らぬ間に削除されていたのだ。足立氏はツイッターに「本当に残念な政党になってしまいました」(10月31日21時37分)とつぶやき、かなり立腹の様子。11月1日6時5分には「東徹参議院議員らの指示で清水貴之広報局長が削除したと事務方から聞きました。全編削除しなくても東さんにとって都合悪いところだけ編集したらいいのに。」と書き込み、「党ガバナンスが壊れているとの私の指摘の正しさが重ねて証明されていくのは残念です。」と記した。

 これには、足立氏から名指しされた東参議院議員がツイッター上で反論。以降は時系列でご覧いただきたい。

東氏
足立さん、嘘を言ってまで僕を悪者にする手法は悪質極まりありません。僕は一度も削除するようになんか誰にも言ってません、全く事実無根です。」(11月1日13時19分)

足立氏
責任者から聞いた内容を、ウソだ、と言われても、こちらが困ります。それにしても情けないコメントばかり。」(11時1日13時31分)

足立氏
事務方から聞いた内容について、責任者に裏取りまでした件について、ウソだ、と書くなら、名誉毀損で提訴しますよ。すぐに謝罪しなさい。」(11月1日13時39分)

東氏
僕は何度も言いますが、削除の指示は一切だしてませんし、言ってません。だから足立さんの言っていることは嘘だと言っているのです。」(11月1日14時52分)

足立氏
頭の悪いこと言わないでください」(11月1日15時)

東氏
ツイッターで嘘の内容をバラまいたのは誰ですか?」(11月1日15時6分)

足立氏
フォロワーの皆様も論争を通じて、どの政治家がどんな人物か、よく分かるはずです。」(11月1日15時27分)

 この「公開バトル」はそれぞれのフォロワーを巻き込み、エンドレスで続くと見られていた矢先、ついに「親分」松井一郎大阪府知事が参戦した。

松井氏
「足立さん、貴方、党役員に復帰したんだから外向きの不平不満では無く、内部の意見を取り纏める為の汗をかいて下さい。」(11月1日15時23分)

 だが、足立氏の怒りはおさまらないどころか、先に臨時国会で代表質問に立った馬場幹事長にまで矛先が向かった。「代表のお言葉ですが、臨時国会前の50日も前から移民政策を取りまとめるべきと提案しています」「しかし党執行部からは何の方針も示されません。闘うのか闘わないのか執行部が方針を示さず、グダグダ。代表質問も最低評価でした。だから一人でもやると申し上げているのです。」(11月1日15時37分)

《3 「いよいよ その時、維新は…」に続く》

The following two tabs change content below.
言論ドットコム編集部

言論ドットコム編集部

取材・編集経験の豊富な編集部員が森羅万象に切り込んでいきます。
1 2 3