■チャイナ美人でどこへ行く? レトロで素敵なチャイナドレスレンタル

 チャイナドレスと聞くと、原色の派手な生地に深いスリットのコスプレのような装いをイメージする方も多いかもしれません。しかし、チャイナドレスの歴史は清の時代まで遡り、現在のようなスタイルが生まれたのは1920年代の上海。男女平等を象徴する装いとして当時の先進的な女性たちに好まれていました。

 しかし、現在の台湾ではチャイナドレスは結婚式などの正式な場でしかほぼ着用されなくなっています。そんな状況を見て「もっと、チャイナドレスを普段から楽しんでもらいたい!」と今年オープンしたのが「念念留影館」「雙連エリア」に位置する、チャイナドレスレンタル及び写真館を兼ねたショップです。

念念留影館

 店内に一歩足を踏み入れるとそこはオールド上海。センスの良いレトロな空間に、美人オーナーが厳選したチャイナドレスがズラリと並んでいます。シックで上品なタイプからモダンでかわいらしいデザインまで、その数およそ120着

チャイナドレスがズラリと並ぶ

 どれも素敵で迷ってしまいますが、日本語の流暢なオーナーさんがアドバイスしてくれるので楽しく選べますよ。

(念念留影館提供)

 なお、サイズはS~XXLまで取り揃えてあり、ナント!妊婦さんでも着られるドレスまであるのだとか。どれを選んでもチャイナドレスレンタルは一着NT$700。お気に入りの一着を選んでプチ変身したら台湾の街歩きがもっと楽しめますね。おすすめコースは、古い街並みが残る問屋街「迪化街」の散策や、ちょっとおしゃれに「マンダリンオリエンタル台北」「サロンドテ ドゥ ジョエルロブション」でのアフタヌーンティーなど。レンタル翌日の営業終了までに返却すれば良いので、夜は「信義エリア」「台北101」の見えるバーで一杯飲むのも楽しそう。あなたもチャイナ美人になって、女子旅の素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

【念念留影館】
住所:台北市中山區中山北路二段72巷10號
営業時間:12:00~20:00
定休日:月曜日
※ご予約は日本語HPから→ https://nenenclassic.com/ja/
旗袍租借(チャイナドレスレンタル) 一着NT$700(レンタル翌日の営業終了までに返却)

《3 「台湾文化を楽しく学ぶ!」に続く》

The following two tabs change content below.
言論ドットコム編集部

言論ドットコム編集部

取材・編集経験の豊富な編集部員が森羅万象に切り込んでいきます。
1 2 3